WordCamp バンコクが参加者募集中。初のコントリビューターデーもあります。

SPONSORED LINK

2018年2月17日(土)と18日(日)、タイの首都バンコクでWordCamp Bangkok 2018が開催されます。そのチケットの販売が開始されており、値段は、300バーツ(約1000円)です。

チケット購入はこちら。

WordCamp バンコクは2017年に続いて、2年連続での開催です。2008年、2009年にも二回開催があったようですが、その後Meetup含めてもろもろ途絶えておりました。現在は、復活したコミュニティーが活発に活動しており、噂によれば来年の委員長も決まっているとかいないとか、チームワークもバッチリで開催準備が着々と進められております。

会議中の実行委員のみなさん。すごく仲がよさそう。
会議中の実行委員のみなさん。すごく仲がよい。
昨年の運営チーム

コントリビューターデー

17日の土曜日がコントリビューターデーとなっています。

コントリビューターデーとは、海外の大きなWordCampで、セッションの翌日などに実施されることが多いもので、翻訳、ドキュメンテーション、開発、環境づくりなど、コミュニティー全体が前へ進むための活動を、みんなでやろう!という会です。日本の WordCamp でも毎回行われており、バンコクでは初めての開催ですが、バンコクチームはこれまでにもWordPress Global Translation Dayに3回とも参加するなど、グルーブ感は出ていますので、こちらも楽しみです。

昨年の様子

昨年の写真をいくつか掲載します。

集合写真

個人的な話

私(@shinichin)としては、バンコクのWordPressコミュニティーには思い入れがあります。

2年半ほど家族でバンコクに住んでいたのですが、その際WordPressのローカルコミュニティーがなかったため、友達つくりとしてイベントを毎月やりはじめ、2年ほどたって、その運営から何からぜんぶ渡して帰ってまいりまして、あれよと見ているうちにWordCampを開催する強いチームとなっております。

WordPress Meetup Bangkok を開催していた頃。楽しかった。この中に、今の実行委員メンバーがいっぱいいます。

アジアの WordCamp を色んな意味で見てみよう

これはまったくオフィシャルな話ではなく、雑談ベースではありますが、WordCamp Asiaを開きたいという機運があります。Capital Pでも一度触れました。大陸型というか大型地域型のWordCampというと、現在はWordCamp USとWordCamp Europeがあります。USは国なのでどうなんだろうというのはありますが、一応、はい。で、アジアはどうなるの?ということを考える人達が出てくるのは当然なわけですが、米国や欧州とは違って、地理的、政治(ビザとか入国の影響とか)的、インフラ的、治安的、貧富の格差的な条件がいろいろと違います。それでいうと、Bangkokは条件的にはとてもやりやすいのです。つまり、ちょうど真ん中らへんにあるのでアクセスがよく、ビザや政治的な理由で入国できない人も少なく、ネットや会場、交通手段などは快適で、治安もよく、ホテルや食事なども安いのです。たとえば日本で言うと、アジア地域でいうと端っこですしビザが出ないことも多いですしホテルが高すぎます。こうした諸条件以外にも考えるべきことはいろいろあるのでしょうが、とにかくバンコクは反対する理由がほとんどない。こないだまでは、運営をするコミュニティーの強さが足りないということが言われていましたが、少なくとも雰囲気的にはそんなことはぜんぜんないなぁという感じがします。すごい強いチームです。もちろん、東京のような、このメンバーでイベント会社にもできちゃうんじゃないか的な年季の入り方かといえばまだかもですが、そんなチームがあるところのほうが少ないわけです。そしてそもそも、バンコクで WordCamp が行われると、周辺の各国からみんなが集まってきます。顔が思い浮かぶ人たちの国々だけでも、フィリピン、インド、バングラデシュ、ネパール、日本、ベトナム、パキスタン、インドネシア、シンガポールからは誰かが来ます。活動があるということを僕が知っている国々だと、韓国、台湾、カンボジア、ラオス、マレーシアもそうです。すでに WordCamp Asia 感がちょっとあります。そういうところを見ておくというのもとてもいいのではないでしょうか。

チケット購入はこちら。

交通費、ホテル、食事

行き方は飛行機で5万円くらい。もっと安いタイミングもあるかもしれません。高いタイミングでも7万円。

ホテルも日本と比べると安くて豪華という感じです。ポッドキャストでは宮内さんが航空券とホテル付きでエクスペディアで4万みたいなことを言ってました。なぜそんなに安いんだ。。。見つからないw

一泊7千円の部屋
一泊7千円ちょっと
一泊8500円。どこもこんな感じです。1万円出すと半端じゃない部屋になります。まあでも、外にいる時間のほうが圧倒的に長いので、そんなにお金かけなくてもいいと思います。5千円くらいのところになると、トラブルがある可能性もあるかもしれない気はします。

食事も安くて美味しい。まあ、みんなで行きましょうよ。3000円あれば、本場の高めのタイ料理を堪能ですよ。

熱いところで少し辛いものを汗かきながら食べてビールでも飲みません?

というわけで、いかがでしょうか。行きたくなってきませんか?2月の日本といえばまだまだ寒いですよ。今から予定を調整すれば、行けますよ。すぐそこだし。

チケットを購入しましょう(約千円)

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

西川伸一

男木島という瀬戸内海の小島に暮らしています。その前は、バンコクで2年半暮らしていて、その前は東京でした。最近はポッドキャストをするのが趣味です。WordCamp Ogijima 2018, WordCamp Tokyo 2012の実行委員長や、Bangkok WordPress Meetupの立ち上げなど頑張りました。仕事は、Human Madeの日本事業統括。WordPressをコアに、エンタープライズやパブリッシャーのためのもろもろの機能(WordPressプラグインや開発環境、AWSサービス群)を束ねたDXP、Altisの普及を促進しています。

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。