Gutenberg以降のWordPressはどうなる? - Podcast - Capital P - WordPressメディア

Gutenberg以降のWordPressはどうなる?

Gutenbergと呼ばれる一連のプロジェクト(ブロックエディター、フルサイトエディッティング)のゴールも見えてきたいま、「この次にWordPressはどこへ向かう?」という疑問が浮かぶ。今回のポッドキャストではShifterの小賀さんをお招きし、WordPressの今後について4時間超え(!)トークを収録した。お題、トピックは次の通り。

  • 最近HubSpotがCMS出したけど、けっこういいよ。WordPressのスポンサーもやってるけどね。
  • 日本だとみんなnoteを書いてる、もうブログは書いていない。
  • JetpackがCRM出したりしてるけど、たしかにその機能はWordPress弱いよね。
  • WordPressはWebサイトを作るという機能にここ数年フィーチャーしてきたけど、よそも同じ機能はつけてきている。Mailchimpもランディングページ作れるし、Shopifyもコンテンツマーケティングできる。
  • 2015年ぐらい、WordPressがすべてのサービスのハブになれそうな予感あったよね。大手がこぞってプラグイン出してさ。
  • いまも本気でやってる強力なプレイヤーはAutomatticとGoogleぐらい? Googleは検索エンジン持ってるからすべてのWordPressサイトを配下における。サイトマップとか、すごいことだよね。

一つでもピンときた方はぜひご視聴いただきたい。長いのはすいません。数日に分けて聞いてください……。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください