WPBeginnerがEasy Digital Downloadsなどの有名プラグインを買収 - ニュース - Capital P - WordPressメディア

WPBeginnerがEasy Digital Downloadsなどの有名プラグインを買収

英語圏で有名なWordPressチュートリアルサイト WPBeginner がEasy Digital Downloads, Affiliate WPなどを含むSandhills Developmentのプラグインをすべて買収したことを発表した。これにより、有名プラグインが複数あつまる「プレミアム・プラグイン・コングロマリット」のようなものがまた新たに誕生したことになる。

Sandhills Developmentは以前に「最も初期に成功したプレミアムプラグイン販売者」として紹介したPippin Williamsonの会社である。Sandhillsはこのトレードですべてのプラグインと開発チームを売却し、Pippin一人の会社となった。今後は自然保護プロジェクトなどを手がけていくらしい。数年前からPippinのイベントでの話などを聞くと、「もうビール醸造だけやっていたい」という話をしていたので、念願かなってFIREできた、というところだろうか。

さて、このプラグイン・コングロマリットの名前は Awesome Motive である。少し面白いのは、マーケットプレースとなっているわけではない点。あくまで「有名プレミアム・プラグインが集まっている場所」という感じだ。All In One SEOなどもこのグループに所属している。

Awesome Motiveのページ。各プラグインのサイトへ飛ぶだけ。

最近、有名なプレミアムプラグインの買収に関する情報が多い。ACFことAdvanced Custom Fieldsもプラグイン作者Elliot Condonの手を離れて Delicious Brains に買収された。これらの買収劇に共通するのは以下の点である。

  • プラグイン作者が個人である。
  • プレミアムプラグインとしてかなり人気がある。
  • 10年近くにわたって人気であり続けている。

WordPressの歴史をプロダクト・ライフサイクルとして紐解くと、2000年台は導入期(他のCMSもたくさんあった)で、2010年台はWordPressが他のCMSを凌駕していく成長期、2020年台はこれまでの「投資」を刈り取るための成熟期となりそうだ。

日本でも人気プレミアムテーマSwellが法人化し、Cocoonと業務提携したりWordPress高速化を得意とするスキルシェアとの顧問契約を結んだりと、横の繋がりを見せていくプレイヤーは存在する。今後、日本を含め、WordPress周りのビジネスで買収を含めた大きな動きが増えてくることだろう。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください