WordPress 5.0 “Bebo” がリリース

SPONSORED LINK

予告通り、WordPress 5.0(コードネーム Bebo)が12/6リリースされた。日本時間では12/7の深夜3時半頃だったろうか。今回のバージョンは次の対応が行われている。

  • 新エディターGutenbergの採用。名前はBlock Editorに変わっている。
  • PHP 7.3以降の対応。

筆者も何度かパッチを送ったが、ほとんどがパント(先送り)されたので、今回はGutenbergがもっとも大きな変更点になるだろう。

ポイント

以下、ポイントを箇条書きにする。

  • 5.0.1が1〜2週間以内に出ることが確定している。不安な方はそちらを待っても良いだろう。
  • Gutenbergへの対応がまだの方は、Classic Editorを有効化しておこう。
  • エディタ以外にほとんど変更点がないため、それ以外はあまり意識する必要はない。
  • 今回のバージョンから日本語版も自動リリースされるようになった。これまでは手動だった。

いずれにせよ、今後Gutenbergがデフォルトになることは間違いない。慣れ親しんだ開発者は移行を渋ってしまいがちだが、これは状況が一変するチャンスでもある。我こそはという方は、ぜひ新しいエディタへの対応を急いで欲しい。

また、Gutenbergが「改悪」だと思っている保守的な方々は、ぜひ素人にWordPressを触らせてみて欲しい。残念ながらGutenbergの方が使いやすいという声が返ってくることだろう。

リリースの瞬間にWordPressのSlackに張り付いていたが、様々な軋轢がありはしたが、結局文句を言っていた人たちもSlackでクラッカーを鳴らしていた。雨降って地固まるとはこのことである。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。Kunoichiというテーマ・プラグインマーケットプレースを作成中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。