さくらインターネットがWordPressのバックアップ&ステージング機能を提供開始

SPONSORED LINK

さくらインターネットがWordPressのバックアップとステージング機能を提供することになった。提供開始は来週1/25(木)から。気になるプランは次の通り。

  • さくらのレンタルサーバ(スタンダード、プレミアム、ビジネス、ビジネスプロ)
  • さくらのマネージドサーバ(HDDプラン、SSDプラン)

要するに、月500円払っていれば、バックアップとステージング機能がついてくるというわけである。Jetpackの提供するVaultPressが月400円ぐらいなので、これはなかなか太っ腹なサービスではないだろうか。

ちなみに、このサービスは株式会社ユニマルのSnapUpを元に提供されるようだ。ユニマルはデザイナー向けバージョン管理ツールUniversionなども出している鹿児島のスタートアップである。Backlogのヌーラボや開発拠点を移転したペパボなどなど、九州の勢いを感じることが多い。

提供予定のダッシュボードをプレスリリースから。さくらレンサバのオールドスクール管理画面とは一線を画す。

WordPressマネージドサーバーの開始?

さて、海外ではWordPressマネージドホスティングというサービスが存在することを何度かお伝えしているが、そのトレンドはもちろん日本のレンタルサーバー会社も認識しており、同様のサービスを開始しようとしている。もちろんPHP+MySQLが動けば大抵のCMSは動くのだが、マーケティングやブランディングの観点からWordPressに特化した方がよいのだろう。さくらインターネットがクイックインストールからXoops Cubeを除外することに決めたのもその一環ではないだろうか。

マネージドホスティングに求められる機能のリストとして、ざっくりこんなものがある。

  • SSLの提供(証明書を別に買う必要はない)
  • 定期的なバックアップ
  • ステージング環境
  • セキュリティ
  • 自動アップデート

これらすべてを含めてだいたい1サイトあたり月20ドル〜というのが筆者の認識だったのだが、デフレ大国日本では500円ぐらいのレンジからスタートするのだろうか。もしこのままの価格帯でいけば、日本のホスティング業界が海外に打って出るチャンスも大いにあるだろう。

これまでの日本のホスティングではプラグインの利用などは自己責任ということになっていたが、今後WordPressに特化したマーケティングを行なっていく場合、プラグインブラックリスト(ex. ホスティングがキャッシュを提供するならプラグインは不要)などのサービスは必要になってくるだろう。各社の提供するサービスの今後を見守りたいところだ。

SPONSORED LINK
Capital Pでは広告を募集しています。 WordPress専門メディアに出稿をご希望の方はお問い合わせください。

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。