Poedit2がリリース、リモートサーバの直接翻訳機能など追加へ

SPONSORED LINK

WordPressで利用されているPoeditの新バージョンがリリースされた。更新にかなりの間が開いたが、もっともメジャーなWordPressの翻訳ツールに新たな機能が追加された。

リモート翻訳

今回の目玉機能としては、リモートサーバのWordPress翻訳機能がある。WordPressはwp-content/languagesフォルダに翻訳ファイルを配置しておくと、それを利用してくれるので、日本語に対応していないプラグインでも必要な箇所(たとえば、テーマとしてユーザーの目に触れる部分)だけを翻訳するなどといったことが可能だ。

Poedit 2 では、この翻訳作成をサーバに接続してやってくれる。SFTPの接続情報を入力すると、テーマやプラグインの一覧が表示され、いきなり翻訳を開始できる。おそらくだが、ファイルも自動で配置してくれるのではないだろうか。

ルートフォルダなどを指定しなくても勝手に一覧が表示されたので、もしかしたら特定のホスティング企業とのコラボレーションとして開発されたのかもしれない。

WordPressフォルダをスキャンして、勝手にテーマやプラグインを見つける。

ただ、筆者の環境ではSFTPも鍵認証をするサーバばかりなので、ぜひ鍵認証にも対応してほしい。一応、リクエストは出してある。

高橋 文樹 による追記 @ 2017年3月29日

twitterで返信があったが、この機能は「初心者・非技術者向け」なので、鍵認証はしないだろうということだった。したがって、対応はされないようだ。

プロ版もあり

WordPressのテーマやプラグインを配布している方は、プロ版の利用を検討するのもアリだろう。

  • プラグインやテーマから翻訳文字列のスキャンをやってくれる
  • オンラインの翻訳メモリから、自動で翻訳をサジェスト

上記のように便利な機能が追加されている。筆者は以前のバージョンからプロ版を利用していたが、その場合、アップグレードで40%ほど割引される。

アップグレード割引で2,285円が1,370円に

もともと$20弱の安価なソフトであるため、気軽に購入できるのも嬉しい。日本語未対応のプラグインを利用されている方は、便利なので使ってみよう。

SPONSORED LINK
高橋 文樹

執筆者 高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。

コメントを残す