WordPressのアクセシビリティ関連情報

SPONSORED LINK

先日、アクセシビリティーの勉強会に行ってみたら面白かったので、WordPressのアクセシビリティ関連情報を集めてみました。分かりやすい順に並べています。他にも追記する事項があれば教えてくださいな。

アクセシビリティチームからみたWP、テーマ、プラグイン。2016年3月付

WordPress goes WCAG

要約すると以下のようになります。

  • すべての新しい/更新されるコードはWCAG 2.0のレベルAAを満たすことになった。
  • WCAGはWeb Content Accessibility Guidlinesの略で、World Wide Web Consortium(W3C)が作った。障害を持つ人たちによるウェブの利用可能性を確保するもの。AAは多くの国で法律が参照する標準となっている
  • WordPressはリリースがあるごとによりアクセシブルになっていく。みんなの貢献が必要だテスト修正を行っていこう。
  • テーマについては、Twenty Sixteenに代表される、WordPress本体に梱包されてくるテーマはWCAG 2.0準拠だ。
  • テーマレポジトリでは、accessibility-readyタグで検索。このタグがついているテーマは、アクセシビリティーチームのレビューが行われている。基準は、キーボード、色などこちらのアクセシビリティーガイドラインに書いてある。テーマがユーザによってアップデートされるときのレビューを行うだけの人手がないので将来にわたる保証はできていない。
  • プラグインのアクセシビリティーは作者の責任に委ねられている。4万個のプラグインに対して、アクセシビリティーチームもプラグインレビューチームも対応できない。
  • 世界トップ1000万サイトの25%(現在は28%)がWordPressであり、私たちのミッションはパブリッシングの自由化であり、これがWordPressのアクセシビリティー向上を推進する理由だ。障害のある人々を含むすべての人たちに、ウェブサイトやアプリケーションをメンテするための、素晴らしくって簡単なツールを提供する。

WordPressのアクセシビリティコーディングスタンダード

Accessibility Coding Standards

WordPressの本体にマージされるすべてのコードが守るべきガイドラインのページです。WCAG 2.0 のレベル AA に従います。簡単なリファレンスとして使われる目的で書かれており、すべてがカバーされているわけではない、とのことです。

PHP、CSS、HTML、Javascriptのコーディングスタンダードと並列されているページです。

このページで挙げられている項目は以下のものです。

  • HTML Semantics
  • Semantics for Controls
  • 動的コンテンツ(シンプルなAjaxレスポンスの音声フィードバックのための wp.a11y.spaek() についても案内あり)
  • 色のコントラスト
  • キーボード・アクセシビリティ
  • 画像とアイコン
  • ラベリング

WordPressアクセシビリティーチームによるベストプラクティス・クイックスタートガイド

Quick start guide

実装方法についての案内となっており、ナビゲーション、スキップリンク、画像、色のコントラスト、フォーム、セマンティック、マルチメディア(音声・動画、アニメーション)、キーボードなどについて触れられています。

アクセシビリティ関連の講演動画

SPONSORED LINK

“WordPressのアクセシビリティ関連情報” への1件の返信

コメントを残す