WordPress 4.9がリリース、カスタマイザーに大幅な変更点

SPONSORED LINK

本日、WordPress4.9 がリリースされた。Capital Pでも変更点について何度か事前にお知らせしていたので、「またか」と思われるかもしれないが、ご容赦いただきたい。

主な改善点

  • カスタマイザーの変更: プレビュー、ロック機能、スケジュール(デザインの変更適用を予約できる)など
  • ファイルエディター: シンタックスハイライター(CodeMirror)の7年越しの採用、サンドボックス(Fatal Errorを避ける)などなど。
  • ウィジェットの改善: テキストウィジェットの改善、テーマ切り替え時のウィジェト保護、メニュー作成プロセスの改善

その他、地味な改善点としては、5.0で採用される新エディタGutenbergのためのAPIエンドポイントなどが追加されている。

また、これは日本語ユーザーにとって重要な問題であったタグ入力欄でIME入力を完了させる前にタグが決定してしまう問題が解決している。

この状態でエンターを押すと、候補から選ぶより前に確定してしまっていた

これにより、筆者の作った神プラグイン IME Ready Taxonomy はお役御免となったわけだ。

今回はWordCampのコントリビューターデイで入れたコミットが採用され、日本人コントリビューターの名前も多く見られる。

このアップデートの意義

以前の記事で西川が触れていた通り、4.9はWixSquarespaceといったサービスを強く意識したアップデートとなった。

筆者のように自作テーマしかほとんど使ったことのないユーザーにとってはあまり馴染みのない部分だが、「ホームページをはじめて作るカフェの店長」を意識したアップデートになっている。

このCapital Pでは早速4.9にしてみたが、いまのところ快適に動いている。それでは皆さんも早くアップデートして、ハッピー・ブロギングを楽しんでほしい。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします