Matt Mullenweg による毎年恒例の方針演説@WordCamp USの内容まとめ - Capital P - WordPressメディア

Matt Mullenweg による毎年恒例の方針演説@WordCamp USの内容まとめ WordCamp US 2018で行われたState of the WordというMatt Mullenwegによる恒例の講演についてまとめました。

年に一度開催されるWordCamp USが、12月2日と3日に開催されました。WordCamp USでは毎回、最後にWordPressプロジェクトの創始者であるMatt MullenwegによるKeynoteは、State of the Word (SotW) と呼ばれております。

昨年のSotWでは、リリースサイクルの変更についてのアナウンスとともに、3つのFocus Areaが発表されるなど、WordPressプロジェクトの行く末に影響を与える発表があります。

今年の発表内容について、まとめます。

重要な要点

  • 2017年中にリリースされた 4.8, 4.9 はカスタマイザーについて重点的に行われた
  • 2018年のFocus Areaは以下の3つである
    • Gutenberg Editing: Gutenberg そのもの
    • Gutenberg Customization: Gutenberg 的な見た目でサイト全体のカスタマイズを
    • Default Theme with Gutenberg: Gutenberg ready なデフォルトテーマを
  • Gutenberg は4月にリリース(予定)

というわけで、いろんな数字が出たり4.8, 4.9についての話はあったものの、Gutenberg一色という感じでしょうかね。

その他のポイントについては、ツイートでまとめました。

以下のツイートを見ていただきつつ、英語でよければMatt Mullenweg State of the Word, 2017 • Post Statusも参考にしてください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください