WordCamp Tokyo 2017でCapital Pのステッカーを入手しよう

SPONSORED LINK

いよいよ2日後に迫ったWordCamp Tokyo 2017だが、皆さんすでに登録は済ませただろうか? 参加にはチケットが必要なので、公式サイトで入手しよう。

WordCampのようなイベントでの楽しみの一つに、様々なスワッガー(グッズ)の入手がある。私たちCapital Pもステッカーを作ったので、ぜひ会場で見かけたら高橋、宮内、西川に声をかけてほしい。最高にキュートでオーサムなキャッピーのステッカーを差し上げる。

このキャッピーはCapital Pのマスコットキャラクターで、株式会社タロスカイのクリエイティブ・ディレクターYamamoto Tsunetomo氏にランチを奢ることで作ってもらった。つい昨日発表されたiPhone Xに貼ってもいいだろう。筆者はiPhone 7+の裏面に貼っている。

もちろん、おもちのラップトップに貼っていただいても構わない。

ぜんぜん関係ないのだが、筆者が運営している文学ニュースサイト「はめにゅー」(WordPressで動いている)のステッカーもあるので、よかったらそちらもどうぞ。

「はめにゅー」のマスコットキャラ、ミニ子。

おすすめスワッガー

さて、スワッガーの定番としては、Tシャツ、ステッカー、缶バッジなどがあるのだが、筆者が様々なWordCampに参加した中でも一番おすすめしたいものは WooCommerce のエコバッグだ。

見慣れた “Woo” のロゴ

WooCommerceのブランドカラーである紫のエコバッグは、ポータブルで非常に使い勝手がいい。

かなり小さくなるので、リュックに入れておくと便利だ

筆者はWordCampへ行くたびにもらっている。おそらく今年も配布されるはずなので、ブースに突撃してゲットしよう。

個人的なおまけ

筆者はWordCamp USにいったとき、わぷーぬいぐるみを子供達のために2体もらったのだが、子供が喘息を発症してしまったため「全ぬいぐるみ廃棄法」が施行された。

わぷーぬいぐるみフィラデルフィアバージョン

そこで、当日このわぷーぬいぐるみを持っていくので、なんらかの機会に配りたいと思う。ほしい方は、当時に筆者のtwitter @takahashifumiki までメンションを送っていただきたい。

それでは、間もなく開催されるWordCampの会場で皆さんにお会いできるのを楽しみにしている。繰り返しになるが、お申し込みが済んでいない方はこちらから。

SPONSORED LINK
高橋 文樹

執筆者 高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。

“WordCamp Tokyo 2017でCapital Pのステッカーを入手しよう” への2件の返信

コメントを残す