WordCamp US レポート 2日目

SPONSORED LINK

前回の1日目のレポートに続きまして、2日目のレポートです。

絶賛時差ボケがまだ解消できなくて、日本にいる僕ではありえない、朝に目覚まし無しで目が覚めるという状況の中で、ホテルを出発したらホテルの前の道路が車両通行止めになってて、道路沿いに大勢の人が集まってました。

よくわかんないのですが、クリスマスパレードだったみたいですね。

パレードの車が馬力が足らなくて途中で立ち往生してるのを横目に2日目のWordCampがスタートしました。

セッション

この日はセッションは一つしか見てませんが、スライドもなんにもなしで自分が使ってるツールの紹介をダラダラはなしてるだけで、なんじゃそりゃって感じでした。あれはいままでみたいろんなITイベントのセッションでも最低の部類だったと思うんですが、予想外に質問者が多くて、初心者向けにツールの話をするのって世界中どこでも人気があるんですね。

昼食

WordCamp USは昼食が無料で出ます。バカデカいホールで以下のような感じ。

この日はホスティングの関係者でミーティングをしましょうということになりまして、僕はホスティング会社の人間ではないのですが、これからホスティング会社さんと協力してはじめるいろいろな取組の窓口をしてたり、WP-CLIというツールのコミッターだったりなどの理由でランチミーティングに参加しました。

英語が早すぎて半分も聞き取れなかったのですが、海外のホスティング会社さんの悩みとかがオブジェクトキャッシュどうする?とかそういうので、え?共有サーバーでオブジェクトキャッシュしてくれるのなにそれすごいなどとか思いながら、話を聞いておりました。

ブース

午後からは昨日に引き続き WordPress.org の店番をしました。この日のハイライトは以下の写真ですね。

WordPressのリードディベロッパーでありホワイトハウスにお努めの Andrew Nacinさんと、コアコミッターの中でカリスマ的な存在の Aaron Jorbin さんが前を歩いてたので呼びつけまして、冗談でコントリビューションに興味ある?とか言ってふざけてました。

ブースにはコントリビューションに興味がある人は後で連絡するよってことで、名前とメアド、そして興味があるチームを書いてもらってたのですが、Nacinさんは書いてくれましたね。興味があるチームは ”All” でした。あと字が下手でした!w

実は、このちょっと前に Nacin さんともいろいろ話すことができまして、はじめて真面目な話をちゃんとしたのですが、Tracでの超強力なリーダーシップのイメージとは違って、すごくおだやかというか素朴というか、どちらかというと突っ込まれキャラな人なんじゃないかな。

何度か話した感じでは、矢面に立つことも多いであろう割にナイーブな一面もある人です。

State of the Word

15時にブースを撤収しまして、16時から大御所マットさんの「State of the Word」です。

毎回そうなんですがマットさんの人気は別格です。

これはマットさんのセッションの部屋にはいるための待ち行列です。ちなみにこの写真に写ってるのは後ろ半分だけです。

それにしてもなんでこんなふうに毎回待たすんですかね。(去年もそうだった。)この部屋は最上階の通常のセッションでは使ってなかった部屋でずっと空いてたんですよね。しかも予定時間が30分ぐらい遅れるし。

というわけで脱走しようとしてたら写真をとられてしまいました。汗

現地では見てませんでしたが前半はホテルでライブストリーミングで見ましたよ!

詳しい内容については、西川さんがマットさんのファンなので熱く語ってくれると思います。そちらをお待ち下さい。

貢献者たちの間でいろいろ議論もある内容でした。西川さんがそのへんの空気感も書いてくれるんじゃないですかね。(この無茶振り西川さん怒るだろうな。。。w)

アフターパーティー

昨年の WordCamp US のアフターパーティは、博物館を貸し切りにして行われましたが、今回は科学館でした!

みんながビールを片手にプラネタリウムをみたり、ゲームとかを楽しんだり、お酒が飲めない人やひとりぼっちできてる人もそれなりに楽しめるようにしてる工夫があった気がします。

僕はパーティがほんと苦手でいつも脱走してしまうのですが、そんな僕が23時ぐらいまでいてしまいました。

というわけで、なんだかWordPressの話がぜんぜん出てこなくて単なる観光の土産話状態ですいません。汗

 

 

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

宮内隆行

VCCW開発者。WP-CLI及びWP-APIチームメンバー。WordPressコアコントリビューター。辺境の民。コーギーの写真には問答無用でいいねをします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします