WordCamp Tokyo 2018 コントリビューターデイが開催

SPONSORED LINK

WordCamp Tokyo 2018のコントリビューターデイが開催された。現場から撮って出しの情報をお送りする。

まず、今年は平日(金曜日)開催。これまでは日曜開催だったのだが、今年から平日開催となった。人数が集まらないのでは、と思われたが、雨にも関わらずスタッフを含めて150名近くの参加者が集まった。

チームはコミュニティ班、コア・CLI班、ブログ班、デザイン班などにわかれてコントリビューションを行った。Gutenbergチームでデザイン・リードを務めるタミー・リスターやWordPressのコアコミッターであるドミニク・シリングも参加しており、一緒に作業をした方は貴重な経験となったことだろう。

f=”https://capitalp.jp/wp-content/uploads/2018/09/IMG_5668.jpg”> プラグインチームの様子[/capt
筆者もプラグインチームにてリーダーを務めたのだが、プラグインをはじめて開発する人、他人のプラグインにプルリクエストを送る人、公式リポジトリに申請する人など、様々なコントリビューションが行われた。ベータプラグインと呼ばれる、WordPressのコア新機能候補となるプラグイン(ダークモード、Gutenbergがこれに当たる)に対していくつかのPRが送られたのは、オープンソースの協業らしかったのではないだろうか。

コントリビューターデイでは、日本語パッケージや日本ローカルコミュニティ運営についての新アイデアが生まれる場所でもあるので、今後あたらしい動きがいくつかでてきそうだ。

WordCamp Tokyo 2018は明日15日(土)にも開催されるので、まだチケットを申し込んでいない方は申し込みをお忘れなく。

申し込み

おまけ

今年の顔出しパネルはこちら。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。