WordCamp Europe 2018についての感想ポッドキャスト

SPONSORED LINK

以前ちらっとお伝えしたWordCamp Europe 2018だが、Capital Pからは西川・宮内の両名が参加した。セルビアのベオグラードで行われたWordCampについて、二人の感想を詳しく聞いた。トピックは以下の通り。

  • セルビアってどんなところ?
  • WordCamp USとWordCamp Europeの違い
  • 日本から参加した二社(デジタルキューブReadyShip)はどんな感じだった?
  • Gutenbergについての発表
  • 日本ワードプレス協会の反響

免責事項

これまではZencastrというサービスを利用していたが、辺境の地に住むネット環境の悪い参加者の音源で音ズレが発生し、タイミングを合わせるための膨大な編集作業を行っていた。その労力を軽減するため、今回よりSkypeでの録音となった。音質は悪化したが、サステナビリティのためとご理解いただきたい。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。Kunoichiというテーマ・プラグインマーケットプレースを作成中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。