WordPressがついに必須要件をPHP5.6以上へ

SPONSORED LINK

ついにこの日がきた。2019年4月より、WordPressは必要PHPバージョンを5.2.4から5.6以上に引き上げる計画を発表した。同様にMySQLも5.0以上から5.5以上へと引き上げるようだ。

PHP5.5以下のユーザーはどうなるのかというと、セキュリティアップデートだけが提供されるようになる予定だ。また、そもそもPHP5.6自体が今月中にもサポート期限終了となるので、2019年4月の最低要件引き上げからのフィードバック次第では、同年12月に7.0以上(これもサポート終了なのだが)に引き上げる予定。

各ホスティング事業者でServeHappyプロジェクトに参加しているところはこの動きに問題なく対応できるはず。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。Kunoichiというテーマ・プラグインマーケットプレースを作成中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。