Google公式、各種レポートを統合して閲覧できるWordPressプラグイン「サイトキット」の開発ベータをリリース

SPONSORED LINK
Googleによる新しいプラグイン、サイトキットの画面

サーチコンソール、アナリティクス、アドセンス、ページスピードインサイトを一括で表示する

Googleは昨年末に開催されたWordCamp US 2018で発表していた、Site Kit開発者版ベータを公開した。今すぐダウンロードして試すことができるが、本番環境ではまだ利用しないほうが無難だ。

Site Kitは、Googleによる公式プロジェクト。WordPressの管理画面内でGoogleが提供している各種ツールの情報を一括してみることができる。ベータ版では、サーチコンソール、アナリティクス、アドセンス、ページスピードインサイトの情報が表示され、ひとつひとつにログインしなくても、あるいは、各種サービスにアカウントがないユーザーであっても、Sitekitを通じて諸々の情報を確認することができる。

かなり強力そう

また、以下の機能も含まれており、非常に便利そうだ。

  • サーチコンソールのサイト認証
  • アナリティクスアドセンスタグマネージャーオプティマイズの設定
  • マネタイズの様子をファネルとして理解できるようにするシンプルな集計画面と、ページごとのレポート。サーチコンソール、アナリティクス、アドセンスからのデータが統合的に見られる。
  • ページスピードインサイトによる、サイトパフォーマンスの検査とモニタリング
  • 統計情報を理解しやすくするためのインサイトを関連付けたサービスとダッシュボードに表示された内容から表示する。

また、ページ別の情報へはツールバーからアクセスできるようで、本当に使いやすいものに見える。

Google と WordPress

先日の記事、Google, YoastなどがWordPressによるXMLサイトマップのサポートを提案でも触れたように、GoogleのWordPressのエコシステムにおける存在感が増している。

Googleは最近、WordPressの開発コミュニティ、あるいはコミュニティ一般との関わりをどんどん深めています。

– WordPressのコアコントリビューターを社員として雇い入れる
– AMP プラグインを大幅にアップデートして、AMPのプロジェクトに追随
– WordCamp EU、WordCamp USなどをトップのランクでスポンサー

WordPressは世界のウェブサイトトップ1千万のうち、1/3で利用されています。Googleとしては、WordPressに影響を与えることで、インターネット上のウェブサイトについての把握が進むのでしょう。

Google, YoastなどがWordPressによるXMLサイトマップのサポートを提案

今後、新しいAMPとそのプラグインなどについても取り上げていく。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

西川伸一

男木島という瀬戸内海の小島に暮らしています。その前は、バンコクで2年半暮らしていて、その前は東京でした。最近はポッドキャストをするのが趣味です。WordCamp Ogijima 2018, WordCamp Tokyo 2012の実行委員長や、Bangkok WordPress Meetupの立ち上げなど頑張りました。仕事は、Human Madeの日本事業統括。WordPressをコアに、エンタープライズやパブリッシャーのためのもろもろの機能(WordPressプラグインや開発環境、AWSサービス群)を束ねたDXP、Altisの普及を促進しています。

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。