WordCamp US レポート 1日目

SPONSORED LINK

12/1からアメリカのナッシュビルでWordCamp USというイベントが開催されております。

WordPressコミュニティの皆さんは御存知だと思いますが、WordCampというのはWordPressコミュニティの公式なイベントのことで、WordCamp USは本家本元と言えるイベントです。

今年のWordCamp USはナッシュビルで開催

WordCamp USは2年サイクルで同じ場所で開催されるようになっておりまして、昨年と一昨年はフィラデルフィアで開催されました。

今回と来年はナッシュビルというアメリカ南部の玄関口といわれる都市で開催されます。

ナッシュビルは音楽の町として有名だとあらかじめ聞いていました。実際ホテルにチェックインしたらフロントの人に毎日2回生ライブがありますよと言われ、さらに街に出たらほぼすべてのレストランやバーで生ライブが行われていて、想像以上に音楽の町でした。笑

メインストリートにはブリジストンアリーナというのがありまして、ちょうどついた日からアイスホッケーの3連戦が始まるようでした。

実は中学の時にアイスホッケーをしていたことがありまして、本場のアイスホッケーを見に行こうか迷ったのですが、ヘトヘトに疲れてたので結局見に行くのをやめました。

ちなみにチケットのネット予約を見てたら Resale というのがあったのですけど、これって転売ってことなんですかね。日本ではダフ行為ってことで違法になっちゃうんですけど、公式サイトでやればダフ行為の弊害をコントロールできるのかもと気がついて、ネットによって合法たらしめるものというのがあるのかと勝手に感心しました。

WordCamp US の会場について

前日に到着して時差ボケで朝の4時半におきてしまい、そのあとパソコンにむかったりして朝食を食べて、1時間前ぐらいにゴロゴロしていたら、いつの間にかまさかの二度寝をしてしまいまして、開始時間より30分ほど遅れて会場に入りました。

上の写真が今回の WordCamp USの会場となるミュージックシティーセンターという建物です。

前回の WordCamp US もそうでしたが、日本の WordCamp と比べるとかなり広い会場です。まあ総予算が1億円とかなので。

WordCampヨーロッパと違って、でっかい看板がどかーんとあって100mぐらい向こうからでもわかるみたいな感じじゃなくて、こじんまりとこんな案内板がたってるだけだったのにはちょっと拍子抜けしました。

ちなみにWifiのSSIDとパスワードが毎回同じなのは地味にありがたいです。

会場のうち側はこんな感じ。一番向こう側に青い何かがみえるとおもいますが、そこまでがWordCamp USの会場です。そしてさらに2階にブースコーナーが、3階に食事&お仕事スペースが用意されている感じです。

広さで言うと昨年のWordCamp USよりも倍ぐらい広いスペースを専有してる気がします。

こちら2階のブースコーナーです。セッションルームと完全に導線が分断されておりまして、写真を取った時点では人がまばらだったのですが、途中からまあまあ混雑し始めました。ただ、僕個人の印象ではフィラデルフィアのときよりもブースに来る人の数が激減したと思います。

こ、これで5万ドルとかだとマーケティング効果を狙うと相当厳しいかなと。2年連続でやるわけなので来年どうなるのかちょっと興味がわくところですね。

時間制のブース

今回へ~と思ったのが、低コストでブースを出してもらうために時間制で区切られてたブースがあったことです。

写真を取った時点では気づいてなかったのでイマイチな写真ですが、この写真に写ってるブースは全部それです。

公式サイトからスポンサー費用の値段表が消えているのでもうわからないのですが、丸テーブルが一個だけのブースが8つぐらい並んでるスペースがあって、そこのブースは3回ぐらい総入れ替えしてたんじゃないかなと。

実際、朝イチで知人に今回ブースはって聞いたらあっちに出してるから後でおいでよって言われて、そのあとで行ったらなかったみたいなことがありました。

あのブース出すのいくらぐらいだったのかな。

セッション

午前中は3つほどのセッションをみました。正直言ってそれほど印象に残ってるセッションはなかったのですが、あるエンジニアさんがご自身のプラグインの使い方を紹介するのに以下のように話してて、ふふふとなりました。

XXX プラグインの使い方:

  1. リポジトリにスターをつける
  2. ツイートする
  3. インストールする
  4. 有効化する

僕はスターをつけるとかツイートするってのはみなさんが思ってるよりも大事で、たとえば僕の場合は知ってる人がそれをしてくれた場合には、アップデートの時にその人の顔を思い浮かべますし、互換性がなくなるような変更もしにくくなります。

逆に使ってくれてる人がいる感じが見えない場合は、どうせ誰も使ってないだろうからってなりますしね。

Get Involvedのブースの店番が楽しかった!

WordCamp US では、WordPress.org もブースを出します。このブースの店番を3時間ほどやりました。

本当は2時間の予定だったのですが、ブースに来てくれた人やブースの人たちといろいろ話し込んだりしているうちに結果的に3時間居座ってしまった感じです。

僕は普段いろいろな人とオンラインであーだこーだやり取りをしてるわけですが、多くの場合相手の本名も顔も知らないんですよね。

このブースに居る間に、「あー、お前かー!」みたいなやりとりが何度もあって、初対面なのに初対面じゃない感じがなんともよかったです。

明日も13時からブースに入りますので頑張ります。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

宮内隆行

VCCW開発者。WP-CLI及びWP-APIチームメンバー。WordPressコアコントリビューター。辺境の民。コーギーの写真には問答無用でいいねをします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします