WordPressコミュニティ認証テーマ制度が開始

SPONSORED LINK

GW中の出来事だが、makeにて新しいテーマ作者認証制度”Trusted Authors Program“の導入が発表された。継続的に質の高いテーマの作者を「認証済み」とすることにより、レビューの審査を加速することが狙い。現在、ブログのコメント欄にレビューのチケットを送ることで審査を受けることができるので、テーマ作者はぜひ登録してみてほしい。

日本人のテーマ作者もすでに応募済みのようだ

なぜ認証制度ができたのか

WordPressの公式テーマは人力でレビューをしているため、公式テーマをアップロードしてから数ヶ月かかるのが現状だ。最大で八ヶ月ぐらいかかっていた時期もあり、テーマレビューチームでもこの期間をどうにかできないかと議題にあげていた。

レビューする人(レビュアー)も忍耐力と経験が求められ、けっこう大変な仕事ではある。筆者も何度かやったことがあるのだが、テーマレビューでは「レビューを開始」というボタンを押した直後、任意のテーマが出てくるため、どのテーマをレビューするのかは選ぶことができない。当然、この「テーマガチャ」では質の低いテーマを担当する可能性もあるわけで、そうなるとモチベーションを保つのは難しい。実際、筆者は心が折れてレビューを放棄した苦い思い出がある。

makeページのサイドバーにあるテーマガチャボタン。

こうした状況において、テーマ作者に認証を与え、さらにそれを経験豊富なテーマレビューチームのリードが審査することで、テーマディレクトリの質を高めようというのが今回の試みだ。

以前Tideの記事でもお伝えした通り、WordPressを利用する体験全体をアップグレードしていくためには、テーマおよびプラグインの質を上げていくことが重要である。ベンダー製品(例・AWS認定)やプログラミング言語(例・Ruby技術者認定試験)では認証制度が普及しているので、WordPressにもそうした制度は増えていくことだろう。

筆者の個人的な意見ではあるが、属人性が高まっていくのはあまりオープンWebっぽくないので、ぜひ自動化などクリーンな方向に舵を切ってもらいたいものだ。

魔界ガチャは今日も渋い 1 (MFC)

魔界ガチャは今日も渋い 1 (MFC)書籍

作者はころく

発行KADOKAWA

発売日2018年2月22日

カテゴリーコミック

ページ数178

ISBN4040697707

注・レビュープロセスを「テーマガチャ」と読んでいるのは筆者だけなので、WordBenchなどでは通じないだろう。

Supported by amazon Product Advertising API

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。Kunoichiというテーマ・プラグインマーケットプレースを作成中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。