WordPressのバージョニングポリシーがひっそり変更?

SPONSORED LINK

2017年にぶちあげられたGutenberg構想により、「WordPress5.0はGutenbergが完成するまで出ない」ということが明言された。2018年の5月にはリリースされる予定だったような気もするが、すでに延長している。

ところで、WordPressはバージョンポリシーを次のように定義していることをご存知だろうか。

4.9がメジャーバージョンとなる

3.9と4.0の違いは、4.0と4.1の違いと変わりない。これは現在のオープンソースソフトウェア開発で標準になりつつあるsemverと異なる。

semverではメジャー、マイナー、パッチとわかれる

上記2つの違いをざっくり説明すると以下の通り。

  • WordPressはメジャー、マイナーのみ。semverはメジャー、マイナー、パッチの3種類。
  • semverにおけるメジャーリリースは後方互換制のない変更だが、WordPressでは後方互換制をなくさないよう努力することが明記される。
  • semverのマイナーリリースは「機能の追加」を意味するが、WordPressではメンテナンスリリース。
  • semverのパッチはWordPressのメンテナンスリリースと同じで、機能追加のないバグ修正など。

WordPress 4.9.6における機能追加

さて、本題に戻るが、WordPress4.9.6では施行が間近に控えたGDPR対応の機能が追加される。個人情報の削除ツール、エクスポートツールなどなど、かなりの新機能が採用されそうだ。

これは機能の追加なので、本来ならWordPress5.0になっていなければならないはずなのだが……どうもそうはならないようだ。やはり「Gutenbergが5.0!」と宣言してしまった手前、それを取り下げると様々な邪推を呼んでしまうのだろう。

 

SPONSORED LINK
Capital Pでは広告を募集しています。 WordPress専門メディアに出稿をご希望の方はお問い合わせください。

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。