WordPress 5.0のリリース計画が発表、12月リリースか(追記あり)

SPONSORED LINK

Makeに投稿された5.0のリリースリードMatt Mallenwegによる記事 “A Plan for 5.0“で次のことが大々的に発表された。

チーム体制の刷新

これまではリリースリード+サポート数人が中心となってリリースチームを形成していたが、大規模なチームとなったようだ。目新しいものとしては、TriageとDesignチームがあること。これはAutomatticにジョインしたジョン・マエダによる指導が大きいのではないだろうか。今年のWordCamp Tokyo 2018でもトリアージを行なっていた。

ちなみに、トリアージとはフランス発祥の医学用語で、災害時などに医療を施すべき優先順位づけをする識別医療行為を指す。黒だったら助かる見込みなし、赤なら急いで治療、緑は待機といった具合だ。

リリース日の予告

ブログ記事の末尾でさらっと触れられていたのだが、約一ヶ月でリリース候補となるようだ。

With known knowns and known unknowns, I believe we will be at RC in about a month.

RCになるのが11月中である。となると、12月7日から3日間に渡って開催されるWordCamp US 2018にリリースを間に合わせることができる!

よく見ると、Faviconのデザインが限りなくGutenbergっぽい……

これは個人的な見解ではあるが、WordCamp USはMattさんのお膝元であり、Automatticのイベントという印象が強い。AppleがWWDCでiPhoneの新作を発表するように、WordCamp US 2018でGutenbergを大体に発表すれば、最高にオーサムでクールなイベントになるだろう。

よって、筆者の超個人的な予想としては、WordCamp US 2018の会期中、おそらく12月9日にMattさんがWordPress 5.0のリリースを発表する。間違いない。しかし、責任は取らない。

4.9.9はどうなった?

さて、5.0について華やかに喧伝される一方、その影でひっそりと4.9.9がリリースの縮小を余儀なくされている。WP TAVERNなどでも取り上げられたが、4.9.9ではPHP 7.3への対応のみにとどめ、他のすべてのアップデート予定だったものを5.0サイクルに譲るようだ。

この突然の決定に対し、Slackなどでは「なんでこういう決定になったの? 誰が決めたの?」という議論が紛糾したようだが、金田一耕助の血を引かない筆者でも「WordCamp USに間に合わせたかったのでは?」という下種の勘繰りはできそうだ。

なんにせよ、目前に迫ったGutenbergのリリースに備え、みなさん心の準備をしておこう。当サイトの連載もあわせてどうぞ。

追記:リリース日は11月19日!

この記事を公開した翌朝、リリーススケジュールが公開された。

β 1 RC 1 リリース
候補1 2018/10/19 2018/10/30 2018/11/19
候補2 2019/1/8 2019/1/22

また、新テーマTwenty Nineteenも同時にリリースを計画しているとのこと。スケジュールラインが2つあるのは、なにかあった場合に後ろにずらせるようにとのことだ。

思ったよりも早いスケジュールだったので、筆者の予想は外れ、じっちゃんの名は汚されてしまった……。

金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)

金田一37歳の事件簿(1) (イブニングKC)書籍

作者さとう ふみや

クリエーター天樹 征丸

発行講談社

発売日2018年6月15日

カテゴリーコミック

ISBN4065116872

Supported by amazon Product Advertising API

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。