WordPress 5.0へのアップデートを促すイベントをさくらインターネットが主催

SPONSORED LINK

WordPress5.0がリリースされてからすでに一ヶ月以上が経過しているが、いまでも4.9に止まっている人はけっこう多いのではないだろうか。おそらく、Gutenbergによる変化が大きすぎるため、尻込みしているのだろう。

Gutenbergが怖い人へのアドバイスとしては「Classic Editorを入れる、以上ピリオド」なのだが、一度流布してしまったイメージを払拭するのには時間がかかるようだ。

さて、WordPressを4.9のままにされると困る人たちがいるのだが、そのうちのプレイヤーの一つがサーバー屋さん、つまりホスティング事業者である。古いバージョンもクリティカルな脆弱性についてはメンテナンスリリースが提供されるのだが、基本的には常に最新版であることが望ましい。なにより、ミドルウェアのバージョンアップなどの様々なメンテナンスコストを考えると、顧客全員が黙って最新版にアップデートしてくれることが一番安く上がるのだ。

そんな状況を改善するためか、さくらインターネットが5分で検証!WordPress5.0へのアップデート方法について学ぼう! ~新エディターのおさらいとレンタルサーバーのステージング機能のご紹介~と題するイベントを2月19日(火)に開催する。以前Capital Pでも紹介したステージング作成機能についての説明もあるようだ。

開催地は大阪、興味のある方は参加してみてはいかがだろうか。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。Kunoichiというテーマ・プラグインマーケットプレースを作成中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。