リカバリーモードを搭載したWordPress 5.2がリリース

SPONSORED LINK

本日、WordPress 5.2がリリースされた。コードネームは”Jaco”で、目玉となるのは5.1から導入されたサイトヘルスと、何度か取り上げてきたリカバリーモードだ。

ダッシュボードではこの2つが大きくフィーチャーされている。

まず、サイトヘルスだが、これはリポート画面が大きく改善された。WordPressインストールに関する詳細が記載されているので、リポート時に役に立つだろう。

上記のようにステータスに関する説明が表示される。ローカル環境だとエラーがたくさん表示されそうな気もするが、その時点で「普通のユーザー」ではないのでがんばって解決しよう。

また、これらの設定をコピペする機能もあるので、フォーラムなどでは役にたちそうだ。もしホスティングサービスを提供しているなら、これらのリポートをCLIなどで送りつける機能を開発すると喜ばれるかもしれない。

こんな感じのリポートがコピペできる。

さて、気になるリカバリーモードだが、実際にどんな感じなのかみてみよう。まず、筆者のローカルにあるWordPressでプラグインに致命的エラーをわざと吐かせてみる。

trigger_error( 'このプラグインは必ず停止します', E_USER_ERROR );

そうすると、WordPressは次のように停止する。

プロダクション環境でXDebugを有効にすることはないので、実際にはもっとシンプルな表示になる。既報の通り、この画面はカスタマイズ可能。ここまでテーマでカスタマイズしていたらかなりイケている。

この段階で管理者のアドレスに向けてメールが送信されているので、リカバリーモードでログインできる。通常のWordPressとほとんど同じログイン画面だ。ダッシュボードに入ると、問題のプラグインが停止された状態で動作し、どこでエラーが発生したのかもわかるようになる。

具体的にどこがいけないのかまで教えてくれる。

あとはプラグインを停止するなり、修正するなりしてリカバリーモードを終了という具合だ。初心者にはかなり親切な作りになったといえるのではないだろうか。アドバイスを求められる側も一次対応を支持しやすいのでかなり気楽になる。

というわけで、5.2のクイックルックをお伝えした。令和元年最初のリリースとなったが、ゴールデンウィーク明けのぼやっとした頭が冴えたWordPressユーザーも多いのではないだろうか。

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。