[email protected] – GoogleがWordPressエンジニアに対する求人を開始

SPONSORED LINK

サンフランシスコ在住でGoogleのエンジニアである Alberto Medina 氏が、自身のブログにWordPressに関連する興味深い記事を投稿しましたので紹介します。

GoogleがWordPressエンジニアに対する求人を開始

この記事によると、Googleではオープンなウェブの発展を目指すという同社の使命を達成するために、WordPressエンジニアの募集を開始したとのことです。

Googleでは、かねてからプログレッシブウェブアプリケーションの普及を推進してきました。

彼らはこのプログレッシブウェブアプリケーションが、ウェブにおけるユーザー体験を大幅に向上させると信じており、この普及をさらに加速させるためにWordPressのエコシステムに積極的に関わっていこうと考えているようです。

この記事では、Googleは以下のような人材を募集していると、具体的なタスクが紹介されています。

  • WordPressの次世代のエディター、Gutenbergへの貢献
  • プログレッシブウェブアプリケーションに対応するなどの先進的なテーマの開発
  • AMPプラグインの開発
  • WordPressプラグインやテーマの品質をチェックするためのTideプロジェクトへの貢献
  • WordPressのパフォーマンスや信頼性をチェックするための各種ツールの開発

多様なプレイヤーが集まり、ますます強力になりつつあるWordPressのエコシステム

Googleは、先日のWordCamp USにもスポンサーとして参加していましたが、日本でも何度かミーティングを行ってきました。

また、ホスティングコミュニティの設立や配布型ユニットテストの開発、ServeHappyプロジェクトなど、ホスティング企業との連携も具体的に進め始めました。

 

 

筆者がコミッターをしている WP-CLI プロジェクトでも Pagely などのいくつかのホスティング企業が、定期的に一定時間貢献してくれることを表明してくれています。

GoogleによるWordPressコミュニティへの参加に対する意思表示は、WordPressのエコシステムをますます強力にしていくでしょう。

 

SPONSORED LINK
Capital Pでは広告を募集しています。 WordPress専門メディアに出稿をご希望の方はお問い合わせください。

この記事を書いた人

宮内隆行

WP-CLIチームのコミッターの一人。VCCW開発者。WordPressコアコントリビューター。辺境の民。コーギーの写真には問答無用でいいねをします。WordPressスペシャリスト@タロスカイ株式会社。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。