新潟で初となるWordCampが10月22日に開催決定

SPONSORED LINK

先日、WordCamp Niigata 2019のティザーサイトが公開された。新潟だけでなく、甲信越地方では初の開催となるWordCampなので、どのようなものになるのか楽しみにしたい。

実行委員長は小杉聖。東京のイベントなどにもよく顔を出しているので、なじみがある方も多いだろう。「はい、ごめんください」という書き出しのブログ記事を書いている人だといえばピンと来るかもしれない。

気になるコンセプトは「みんなで楽しくワードプレス – Have fun together!」とのこと。

だからこそ WordCamp Niigata 2019 では、知識と意識のバリアフリーをコンセプトにしています。

知らなかったことを恥じるよりも、今からでも知れたことを楽しむ場にしたい。そして、自分たちが知っていることをわかりやすく共有できる場にしたい。初心者も上級者も、素人もプロも。オトナもコドモも。

そうして、会社や家族に WordCamp Niigata 2019 に参加したこと、WordPress のコミュニティに参加したことを誇れるものにしたいと考え、キャッチコピーは「みんなで楽しくワードプレス(en: Have fun together!)」です。

WordPress の正式表記と商標はアルファベットですが、あえてカタカナを使用しました。「WordPress」は読めなくても「ワードプレス」と言われればわかる、という方にも参加してほしいからです。

新潟での初開催、しかもここまで初心者を対象にしたカンファレンスは初めてではないかと思われるような内容ですが、WordPress に興味がある人ばかりが集まることに変わりはないので、楽しんでいただければ幸いです。

2019.niigata.wordcamp.org

開催地の長岡といえば世界一とも称される長岡花火が有名。時期はズレるが会場となるアオーレ長岡では長岡花火についての展示も見られるそうだ。

アオーレ長岡は、巨大な屋根つき広場の「ナカマド」を中心に、アリーナや市民交流スペース、市役所が一体となった新しい形の公共空間です。建築家の隈研吾の設計により2012年に誕生しました。シアターでは、世界一と言われる長岡の花火や各地域の紹介をしており、見学も可能です。

小杉聖からのメッセージ

筆者もデジタルキューブ長岡支社の岡本氏にお招きいただき、升席で長岡花火を見たことがあるのだが、たしかに世界一と称されるだけのことはあると感じた。長岡自体も街路に埋め込まれた消雪パイプなどなど、雪国らしい情緒のある面白い町だ。開催日である10月22日は火曜日だが祝日にあたる。せっかくなので、月曜日に有給をとると四連休になるので、いい感じに長岡観光を楽しめるのではないだろうか。

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。Kunoichiというテーマ・プラグインマーケットプレースを作成中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。