GoogleがWordPress公式プラグインSite Kitを正式リリース

SPONSORED LINK

Googleが10月31日に公式ブログにおいてSite Kitのリリースを告知した。現在はプラグインディレクトリから誰でもインストールできるようになっている。

2日前、つまり日本時間の11/1にリリースされている。

Capital Pではベータ版の頃から取り上げていたが、なぜこのタイミングかというと、11月1日から開催されていたWordCamp US 2019に間にあわせるためだろう。GoogleがWordPressに注力し始めていることは何度かお伝えしているが、WordCamp USというビッグインベントに合わせて目玉となる製品をしているというわけだ。

Site Kit ファーストインプレッション

さて、このサイトCapital Pでも早速インストールしてみた。まずはGoogleアカウントと接続。

Googleアカウントとの接続を促される。

続いて、接続の際に認証を求められる。

認証画面。インストールの過程で何度かお目にかかることになる。

接続が完了すると、ダッシュボードに情報が表示される。

モダンなデザインで、さすがGoogleといったところだ。

いまのところ、接続できるサービスは以下の通り。

  • Google Search Console
  • Google Analytics
  • Google Adsense
  • Google PageSpeed Insight

各サービスごとに接続する仕様になっており、今後対象となるサービスは増えていくことだろう。可能かどうかはわからないが、Googleローカルビジネス、Google Adwordsなどと連携すればより便利になっていくのではないだろうか。

接続できるサービスはいまのところ4つ。

正直なところ、いまはまだAnalyticsの情報がWordPressのダッシュボードにいい感じに表示されるということぐらいでしかないのだが、GoogleがWordPress専門のチームを用意してまで開発しているところは期待感が大きい。WordPressコアチームのメンバーも抱えているので、技術力以外も大いに期待できる。

現在、WordPressにはSEO関連のプラグイン・サービスが大量にあって、一大産業圏を築いている。Google謹製プラグインがそこに影響を与えないかというとそんなことはない。YoastやAll in one SEO packのようなWordPress側の設定を変更するプラグインはともかく、Monster Insightsのようなダッシュボードに情報を表示する系統のプラグインは大きな打撃を受けるだろう。今後、WooCommerceが多くの拡張プラグインを持っているように、Site Kitに寄生する形の拡張プラグインが出てくるかもしれない。

なんにせよ、WordPress界のビッグプレイヤーが満を持して発表したプラグインだ、一度ぐらい試してみても損はないだろう。既存のタグとどうバッティングするかわからないので、新規サイトで試してみるとちょうど良いのではないだろうか。

いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本 人気講師が教えるWeb解析と広告計測の基本 (「いちばんやさしい教本」)

いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本 人気講師が教えるWeb解析と広告計測の基本 (「いちばんやさしい教本」)書籍

作者山浦直宏, 村山佑介, コガン・ポリーナ, 高田和資

発行インプレス

発売日2018年5月25日

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数256

ISBN4295003727

Supported by amazon Product Advertising API

SPONSORED LINK

この記事を書いた人

高橋 文樹

小説家であり、WordPress開発者。WordCamp Tokyo 2016のリードオーガナイザー。山梨に土地を持ち、DIYで家を建てている。小説と家づくりとWordPress開発の3種競技があれば日本代表有力候補。KunoichiというWordPressテーマ・プラグインマーケットプレースを作成中。

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。