ホスティング会社Pantheonが4000万ドルを新たに資金調達し総額1億ドルへ

SPONSORED LINK

サンフランシスコに本拠地を置くホスティング企業Pantheonが4,000万ドル(日本円で約45億円)を新たに資金調達したことをVentureBeatなどが報じている。PantheonはすでにWordPressマネージドホスティング業界の代表的な企業の一つだが、さらなる事業の拡大を目指して資金調達したようだ。資金調達の総額は1億ドルを突破している。

PantheonはDrupalとWordPressのマネージドホスティングに特化しており、日本に住む我々が想像する「レンタルサーバー」よりもプロ向けのツールが充実している上、値段も高い。

29ドルからとけっこうお高い。日本の三倍ぐらいの相場観だ。

Pantheonといえば、WordCamp USで垢バンされたことが思い起こされるが、基本的には急成長中のWordPressビジネス界(ホスティング市場規模700億ドル!)では群を抜いて稼いでいる会社の一つであり、投資額もかなりのものだ。日本で零細企業を経営している筆者からすると、羨ましい限りである。

おまけ・シリーズラウンドとは?

さて、こうしたニュースを聞くたびに「シリーズA」のような言葉を聞いて首を傾げている方はいないだろうか。筆者もそうだったので、Tipsとして書いておこう。こういう「シリーズ〇〇」を「投資ラウンド」などと呼ぶ。基本的には投資を受ける段階の呼び名だ。わりと曖昧な区分である。

  • シードシリーズ……事業を公開する前のシードの段階。したがって、サービスなりプロダクトなりはまだ世に出ていない。それどころか、企画書の形でしか存在しないことさえある。ベンチャーキャピタル(VC)やエンジェル投資家などが出資する。
  • シリーズA……サービスをリリースして、これから成長していこうという段階。一桁億円を調達するようなところはだいたいここだ。まだ事業収益がほとんどたっていないことが多く、まともに食っていけるようにするフェーズだともいえる。VCなどのファンドが投資する。個人投資家などはこの段階になるとあまりいないのではないだろうか。
  • シリーズB……サービスを横展開していく時期。たとえば東京だけでサービスを展開していたO2Oが全国展開するとか、そういった段階だ。この段階になると、企業としてはそれなりに成熟していることが多いのではないだろうか。2桁億円の資金調達も珍しくない。大きなVCなどが投資しはじめる。
  • シリーズC……一気に事業拡大を目指すステージ。ソシャゲ企業が上場前にCMを打ちまくって事業拡大するような段階だ。上場前などのゴールが見えていることが多く、投資するのもなんたら証券などの投資銀行などが増えてくる。

その後シリーズD(今回のPantheon)、Eと続いていく。IPO(上場)は最大の資金調達方法の一つだが、公開企業になるので、法律的にも色々と変わってしまう。そのため、儲かっているからといって必ず上場するわけではない。WordPress.comのAutomatticは非公開企業である。


以上、WordPressビジネス界の金融情報をお届けした。

Club Capital P

Club Capital PはCapital Pのファンクラブです。有料会員制となっており、Gumroad経由でサブスクリプションをご購入いただき、ライセンスキーを登録いただくことで、会員特典を受け取ることができます。